タイトルバー

13-4 警告の設定で、特定のシステム値だけ反応しないようにできますか?

Q.
最近Bsafeの『警告』機能を使用して、システム値を変更した場合に 警告(ポップアップとメール)を発するようにしました。

設定後,実際にシステム値を変更するとポップアップとメールが発せられますが、QIPLDATTIM(自動的にIPLする日付および時刻)などの軽便なシステム値でも反応してしまうため困っております。このように反応してほしくないシステム値が他にいくつかあります。特定なシステム値だけ反応しないような設定ができるのでしたら、その方法をお教え下さい。

A.
警告の設定で、特定のシステム値のみ除くという設定はできませんが、特定のシステム値にのみ警告を発するという設定は可能ですので、そちらで対応して頂けないでしょうか。

特定のシステム値への警告設定の方法は下記のとおりです。
BsafeGUIメニューより、【警告】を選択します。
【システムジャーナル警告】タブより、【追加】をクリックします。
任意の警告記述名をつけ、【警告タイプ】を【システム値の変更】にし、【オプション】にチェックをつけます。
【システム値】のリストボックスより、警告を出したいシステム値を選択し、【適用】をクリックしてください。
警告を出したいシステム値が複数ある場合は、大変お手数ですが上記作業を複数回設定お願い致します。